脳内ライブラリ

学んだこと、考えたことをつらつらと書いています。本の感想(ビジネス本、漫画)と生活改善系が多めです。

始業時間と体調の関係に気づいた話

わたりです。

自分に合う生活リズムってあるよなぁと思った話です。

 

最初の会社は8時半に仕事開始でした。

8時半開始のときは、通勤に1時間半かかっていたのもあったのですが、とにかく朝がつらかったのです。

 

朝7時の電車に乗らないといけないので、朝6時に起きて支度する。

 

寝起きがあまり良くないので、何度も二度寝します。なので5時半くらいから、スマートフォンの目覚ましを10分おきにかけておく。

 

朝ごはんは食べない(朝ごはん食べる時間があるなら、寝ていたい)

 

絶対電車を乗り過ごせないので、エレベーターを待つ時間がないときは、階段を駆け下りていました。

 

寝るのは大体一時過ぎだったので、足りない睡眠時間は行き帰りの電車で補っていました。(駅始発なので座れるのがありがたかった)

 

その後、転職して10時始業になりました。

 

その結果…

めっちゃ楽!!

 

まず起きる時間が7時半くらいになりました。これだけでも、朝の辛さがかなり軽減。

 

すっと起きれる。夜更かしをしたら、二度寝することはあるけどあの、起きたときの頭の重さというか、寝不足な感じがしない。

 

思い返してみると、そもそも両親が夜型で夜遅く寝るタイプで、自分自身も低血圧で寝起きが良くないほうなので、体質的な問題もあったのかもしれません。

 

もちろん、朝早いということは終業時間も早くなるので、夜の時間を楽しめるというのもあるのと思うのですが。

多分、自分はもう8時半には戻れないなぁ、と思います。

 

自己嫌悪になってしまう時の振り返り

わたりです。

 

今回は、もやもやしたとき、自己嫌悪になった時に感じたことを。

 

友人との会話や、会社でのやらかしなど、あとから振り返って、ああ…自分は面倒くさい奴だ、とか、やらかしたんじゃないか、などと自己嫌悪になる時があります。

 

大体そういう時は極端な思考になっていて、うまくいかなかったことばかりに目が行ってしまっています。

 

もう友人から見損なわれたかも、職場でも見捨てられてしまうかも、などと考えてしまったり。

 

本当は友人関係も職場も、今までの経験の積み重ねで出来ているし、そんなに簡単に壊れたりするものではない、と分かっているのですが。

 

それに、そんな簡単に相手が自分を見限ると思うのは、相手をそういう人だと見ているということで、相手のことではなく、自分がどう見られるかを考えているんですね。

 

もっと相手を信頼していい。

そして、自分はそんなに相手から見られてない。

 

分かっているけど、それでも考えが止まらなくなってしまう時があります。

 

そういう時、自分の場合は疲れていたり、ストレスが溜まっていることが多いです。

 

それか、何か違和感があったり、自分の本意ではなかったけど、まわりや相手に合わせて行動した時だったりします。

 

このような考えは自分の頭の中で起きている事で、事実そのものではないということは、分かってはいるのです。

 

 でも、考え始めると、自分で自分をいじめるから、とても疲れてしまう。自尊心も下がってしまう。

 

こういう考えが出たときは、さっさと休むのが一番で、眠りさえすれば起きたときには結構すっきりしていて、あれは何だったんろうか…?となります。

 

どうしても休めないとか眠れない場合は、ノートに書いたり、文字にしてみると、少し客観的に考えられるようになります。

 

あとから見直してみると、杞憂であることも多いです。 

 

本当はもやもやが止まらなくなる前に、小出しに出していくのが一番なんでしょうが…。

完全遮光傘、サンバリアを買った

わたりです。久々の記事です。

 

夏場にはほとんど売り切れで、入荷しても一瞬で売り切れるというサンバリア。

 

売りは遮光率100%。

 

去年は買えなかったので、今年は5月くらいに注文して入手。

それでも人気の柄やフリルは売り切れでした。

 

自分が買ったのは、二段折りという、折りたたみの大きいタイプです。

 

買ってからなかなか長い時間試す機会がなかったのですが、ディズニーに行く機会があり、これは試すチャンスだ!と思いサンバリアを持って出陣してきました。

 

6月だったのでそこまで暑くはなかったのですが、日差しは強め。

 

園内にも日傘をさす人が結構いました。

 

ディズニー勢も買ってる人が多いと聞いていたので、他の人の傘も見ていたのですが、サンバリアかな?という人が5名ほどいました。パレードの場所取りでよく見ました。

 

今回は初めてショーに並んだのですが、その時に感じたのは、顔や身体はサンバリアの下なのでとても涼しいのですが、足の先がはみでると、めちゃくちゃ暑かったこと。6月の時点でこの状態なので、夏場の温度差は凄そうです。

 

 

口コミとかに日陰を持ち歩いているようだ、と書かれてましたがまさにそう感じました。

 

これからの夏の活躍に期待です。

 

 

自分がやってる夏場の駅までの汗対策

暑いのが苦手、汗っかきである人、自宅から駅までの暑さに何とか耐えたい、という人向けです。

自分は夏場は屋外で10分程度でも歩くと汗が吹き出します。
ホームの数分の電車待ちでも汗が吹き出すので何とかしたい…と思っていました。

できるだけ汗をかかずに駅にたどり着くにはと考えて、効果あった対策を書いてきます。

その1 外出直前にギャツビーのクールダウンで体を拭く

使うのはこれです。無香料なので場所を選ばず便利。


拭く場所は、耳の後ろから首、脇などを拭いておきます。
体を拭くと、めちゃめちゃスーッとするので外てもしばらく汗を流すことなく過ごせます。

参考
だくだくの汗がパッと引く! 体温をセルフコントロールする4つの方法 | ライフハッカー[日本版]

その2 (可能なら)折り畳み傘を使う

男性の場合は人目もあってなかなか難しいかもしれませんが、あると大分違います。

今は男女兼用&雨天兼用の折り畳み傘も出ていますので、
そちらを一本持っておくとかさばらなくていいかもしれません。

買うなら一級遮光(遮光率99.99%以上)のものがおすすめです。
東急ハンズやロフトに雨天兼用の遮光率99.99%以上の傘が3000円~から売っています。

電車に乗る前にもう一度ギャツビーのクールダウンで体を拭く

最後、電車に乗る前に首などを拭いておくと、電車に乗った後に汗がスーッとひいていくので涼しくなります。
※周りの迷惑にならないようにしましょう

本当は何も強いられてない。それに気づくまで結構かかった

 

本当は自分を強いるものなんてなかったことに、本当の意味で気づくのに結構時間がかかった。

 

世の中で色々と言われていること、当たり前、普通、基準…そういう「意見」は存在していても、実は本当に自分を縛るものではなかった。意見と自分がそれを受け入れるかはまた別だった。

 

確かに金銭面とか生まれ持った環境でしたいことが出来ない、という不自由は存在するとは思う。

 

ただ、自分の「考え」を「縛る」「決める」ものは本当の意味ではなく、自分が自らその考えを「選んでいる」ということに気づいた。

 

そう考えると、この人生は自分のもので、自分で選択するもので、自分が責任を取るものなのだ、と思えた。

 

そう思うと、生きてることに少し実感が出てきた。

今は、せっかくの自分の人生を、楽しもうと思えるようになってきた気がする。

 

 どんな結果でも、どんな状況でも、人生は自分のもので、かけがえのないものなのだ。

 

おわり

サガスカーレットグレイスのプレイ時間がかかりすぎるでも楽しい

年末からちまちまとサガスカーレットグレイスをやっています。

とても楽しいんですが、ボリュームが盛りだくさんなゲームなので、
まだ一人目のレオナルド編もクリア出来ていません…。

途中でペルソナ5をプレイしたりして一旦やめてたりしたこともありましたが、
それでも主人公一人で50時間以上とか余裕で超えるので、
なかなか次の主人公にたどり着きません。4人全員クリア出来るのはいつになるのか…。

緋の天啓とサウンドトラックも発売日に買いました。

サウンドトラックのバトルも4人の主人公のフィールドとバトル音楽が全員違って、それぞれのキャラクターの性格や背景を想像できて楽しいです。

バトル系の曲はさすがイトケンさんとあって、ハズレ無し。どれも素晴らしいのでおすすめです。

緋の天啓はゲームでは語られなかったファイアブリンガーの真実なども書いてあったり、何より小林智美さんのイラストがとても美しいので見ていて楽しいです。


とりあえずヴァッファ神のグラフィックがめちゃんこ可愛いと思う。
f:id:migrantbird:20161218012153j:plain

うーんかわいい。
f:id:migrantbird:20161218012301j:plain

「しなければいけない」「でなければいけない」から開放されたいために読んだ2冊の本

別途、記事を書く予定です。

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)

大分マシにはなってきましたが、最近まで
「自分は○○しなくてはならない」
「○○だから駄目だ」
というような考え方をすることが多く、
しかもそれに自分では気づいていなくて、たまにモヤモヤしていました。

やっと、
「まあ、いいか」
「自分は自分でいい」
「世の中から自分が強いられているものは、実はな何もない」
といように考えられるようになり、肩の力が抜けてきたような気がします。
それでも30歳を過ぎたあたりからですが。

上の2冊の本は、人の生き方は多様でいい、普通でなくてもいい
ということを繰り返し述べていて、自分にとっては考え方を変えるきっかけになりました。