脳内ライブラリ

学んだこと、考えたことをつらつらと書いています。本の感想(ビジネス本、漫画)と生活改善系が多めです。

自分がやってる夏場の駅までの汗対策

暑いのが苦手、汗っかきである人、自宅から駅までの暑さに何とか耐えたい、という人向けです。

自分は夏場は屋外で10分程度でも歩くと汗が吹き出します。
ホームの数分の電車待ちでも汗が吹き出すので何とかしたい…と思っていました。

できるだけ汗をかかずに駅にたどり着くにはと考えて、効果あった対策を書いてきます。

その1 外出直前にギャツビーのクールダウンで体を拭く

使うのはこれです。無香料なので場所を選ばず便利。


拭く場所は、耳の後ろから首、脇などを拭いておきます。
体を拭くと、めちゃめちゃスーッとするので外てもしばらく汗を流すことなく過ごせます。

参考
だくだくの汗がパッと引く! 体温をセルフコントロールする4つの方法 | ライフハッカー[日本版]

その2 (可能なら)折り畳み傘を使う

男性の場合は人目もあってなかなか難しいかもしれませんが、あると大分違います。

今は男女兼用&雨天兼用の折り畳み傘も出ていますので、
そちらを一本持っておくとかさばらなくていいかもしれません。

買うなら一級遮光(遮光率99.99%以上)のものがおすすめです。
東急ハンズやロフトに雨天兼用の遮光率99.99%以上の傘が3000円~から売っています。

電車に乗る前にもう一度ギャツビーのクールダウンで体を拭く

最後、電車に乗る前に首などを拭いておくと、電車に乗った後に汗がスーッとひいていくので涼しくなります。
※周りの迷惑にならないようにしましょう

広告を非表示にする