脳内ライブラリ

学んだこと、考えたことをつらつらと書いています。本の感想(ビジネス本、漫画)と生活改善系が多めです。

買ってから最近読み返している本たち

買ってから何度か読み返している本たちです。

感情が落ち着かない時、ストレスがたまった時に読み返します。
無駄な反応をしないようにすること、嫌な過去に対する執着は全て妄想である、という観点を思い出すと被害妄想やもやもやを止める事ができます。

楽しもう。瞑想:心に青空が広がる (光文社知恵の森文庫)

楽しもう。瞑想:心に青空が広がる (光文社知恵の森文庫)

「始めよう。瞑想」の続編ですがこちらのほうがマインドや、心の動きについて丁寧に記載されています。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

幸せになる勇気を読んだので、内容の復習に。
目的のために自分の性格を選んでいる、相手の課題と自分の課題を分ける、という姿勢を持つととても楽になります。

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

反応しない練習、と少し似ている部分があります。
こちらの「領域」の考え方は、アドラーの「課題」と同じようなものかもしれません。

糖質制限関連。MEC食を提唱されている渡辺信幸さんの著書。MEC食の基本的な知識の復習に。

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)

この本の「究極的に自己反省が出来ない」「全部人のせい」「真実を自分のいいように捻じ曲げる」という特性が、過去に接した自己愛性人格障害の人にまさにドンピシャで、本の中に出てくる筆者のクライアントの話に食い入るように読みました。

広告を非表示にする